スマートフォンやパソコンで進化した勤怠管理

スマートフォンやパソコンで進化した勤怠管理

最近の進化した勤怠管理システムについて調べてみました。
ほんの十数年前までは社員が会社に出勤すると、タイムカードにマシーンで打刻していたものです。
退社する時もまたタイムカードに打刻してということをしていました。
社員の勤怠管理についても、何かとアナログな方法でやっていたものです。
タイムカードをならべて出社時刻と退社時刻を引き算したりしていました。
昨今のインターネットの普及とスマートフォンを中心としたモバイル端末の普及により、勤怠管理は新たな展開を見せているようです。
タイムカードもスマートフォンに専用アプリをインストールしてスマーとフォンでタイムカード打刻したり、会社にいなくて、現場へ直行直帰の場合でもスマートフォンでタイムカードを打刻できる仕組みとなっています。
勤怠管理をもっと楽にする方法を知る
またスマートフォンならGPS機能も使えるため、タイムカードを打刻した場所まで残ります。
どこでタイムカードを打刻したまでわかってしまうので、以前は直行直帰の際は多少時間をずらしたりしていた社員もインチキは出来なくなりますね。

About the author