おすすめフライパンは、テフロン加工と鉄製どちらでしょうか?

おすすめフライパンは、テフロン加工と鉄製どちらでしょうか?

フライパンと言っても色々な種類がありますが、特に人気のあるテフロン加工と、鉄製では、どちらがおすすめでしょうか。
テフロン製は、テフロン加工がしてあるので、卵や野菜などの食物が引っ付く事なく使えて便利です。
汚れもするっと取れストレスも少ないです。
ただ約1?3年しか持たないので、買い替えないといけません。
使用後、熱いフライパンのまま、水を入れるとテフロン加工がとれやすくなるので注意しましょう。
鉄製は、熱に強く、きちんと手入れをすれば数十年使う事ができます。
鉄分の補給もできます。
フライパンで肉や魚などを焼き、引っ付いてしまう場合は、専用のアルミホイルを使えば引っ付かなくてすむので楽です。
鉄製は長持ちするのが利点ですが、手入れが少し面倒なのと、重いのが難点です。
手入れが楽だけど、買い替えないといけないテフロン加工か、何十年も持つけど熱に強い鉄製にするか。
自分にあったおすすめのフライパンを選びましょう。

おすすめは鉄製フライパン!お手入れ方法は意外と簡単?

テフロン加工のフライパンが使えなくなったので、買い替えようと調べました。
以前とは違う種類のにしよう。
おすすめはどれかなと調べました。
ステンレス?チタン?アルミ?鉄製?テフロン加工は使用していて、使い勝手は良かったのですが、2年くらいしか使用できなかったのが不満でした。
次に使うのは長く使えるのが良いと思い、調べたら鉄製のフライパンが手入れ次第で長く使用できるとのこと。
ただ手入れが少しばかり大変らしいのです。
手入れの仕方は、最初にフライパンを洗剤で洗い、空焚きをする。
(最初は中火でなじんだら強火で)鉄製は、錆び止めの塗装がしてあるので、それを取るそう。
うすい青色になったら、火を止め、そのまま五得に置いておく。
(換気とやけどには注意する)冷えたら、また洗剤で洗い、水を流す。
乾いたら薄い油を塗る。
おすすめの大人気フライパン
普段の使用後は、洗剤は使わず、水とタワシで洗い乾いたら薄い油を塗る。
多少は面倒なところはありますが、私の次に使用したいおすすめのフライパンは、鉄製になりそうです。

About the author