日中貿易を有効活用してみよう

日中貿易を有効活用してみよう

貿易、輸入輸出と二パターンありますが、日中貿易では隣国ということもあり貿易は盛んにおこなわれています。
日中貿易の利点といえば到着速度の速さ、また日本サイドから見ると中国に自社製作工場を設けた場合に日本人スタッフを送りやすい環境、ということでしょうか。
個人的に何かを購入する、というよりも企業が依頼して部品、または消耗品を購入するケースが多いでしょうか。
特に微細な製品も取り扱いが多く、モバイル関係の部品や消耗品は中国からの輸入品が多く日本の市場に出回っています。
中国製品の利点は他にもリーズナブルな部分が強みになっているのではないでしょうか。
消耗品作成には特化しているのではないか、と思っています。

国産品も十分魅力的でクオリティも高いですが、コスト面などを考えると中国からの輸入品も大変魅力的な存在になります。
適材適所、日中貿易を有効に活用して経費を抑えつつもクオリティの安定を図ってみるのはいかがでしょうか。

About the author