関西発のスキーツアーでよく行くところ

関西発のスキーツアーでよく行くところ

いよいよスキーシーズン到来です。
旅行代理店も各社様々なスキーツアーを売り出してきています。
発着場所は当然ターミナル駅がほとんどです。
今回は関西発の格安の日帰りスキーツアーを見てみました。
関西からですと長野県のスキー場行きが多いようです。
白馬やなど山に囲まれた県だけあってたくさんのスキー場が集まっています。
関西発のバスで行く場合、朝出発と夜出発(いわゆる0泊2日というものです。
)価格は朝出発するのが4000円くらいからあるのに対し、夜出発するのは7500円くらいからなのでかなり違います。
ただ夜出発の方はほとんど丸一日滑れるので日帰りでも十分スキーができるのではないでしょうか。
それに対して朝出発の方は貴重な休日を一日だけ使ってスキーに行けるというお得感がありますね。
日帰りで行かれる方はなかなか時間が取れなかったり、ほかにもやりたいことがあったりと時間に余裕がない方も多いかと思います。
忙しい合間をぬって行く方は疲れ過ぎに気をつけて、怪我のないように行ってきてくださいね。

琵琶湖への関西発のスキーツアーを考えてみました

関西発のスキーツアーには琵琶湖を望むスキー場行きも数多くあります。
いうまでもなく琵琶湖は大きな湖です。
ただあまりに大きすぎて海のようです。
それに対してスギー場は当然山です。
たいていは高い山です。
高い山は海から離れているのが普通ですね。
もしそこで滑ったとするとまるで海を見ながら滑っているような錯覚を起こしてしまうのではないでしょうか。
もちろん海を眺めながらのんびりと滑る方はあまりいないでしょうが、視界の片隅に常に海が入ってくるというスキー場はなかなかないのではないでしょうか。
琵琶湖までなら日帰りで十分堪能できると思いますし、関西発の格安スキーツアーもいろいろなところで企画していると思います。
ちょっと贅沢をして眺めのいいホテルで食事が出来るプランもあるかもしれません。
せっかく日常を離れて行くのでしたら今までと違った視点で計画してみるのもいいのではないでしょうか。
そんな変わったスキーツアーも探せばきっといろいろ見つかると思います。
いろいろ好き勝手に一定舞いましたが、スキー計画の参考にしていただければ幸いです。

北海道スキーツアーを関西発で行く理由

関西発のスキーツアーには北海道行きのプランもありますね。
どんなものかちょっと見てみました。
さすがに一泊二日というプランは見当たりませんでした。
それでは到着してすぐに出発しなければならないからでしょうね。
2泊3日から3泊4日、4泊5日と長いスキーツアーもありました。
興味深いのは長いプランになってくると一日は札幌で楽しむというもの初日に行くプランもあれば最後の日に札幌に行くものもありました。
どちらがいいでしょうか。

ちょっと考えるとスキーで疲れる前に札幌市内を楽しんでからスキーで思う存分滑りまくり、帰りは熟睡しながら帰路につくのがいいかなと思います。
反対にスキーを楽しんでから札幌をめぐるようにすると帰りにお土産を買うことになるのでスキー場への往復では荷物は増えていないのでその分手軽になるという利点がありますね。
ツアーの道中ではたとえ持って歩く時間が少ないとしても荷物の量は少ないにこしたことはないので帰りに札幌という人もいるのではないでしょうか。
関西発の北海道スキーツアー、あなたならどちらにしますか、それともスキー一本で行きますか。

About the author