温泉掘削は源泉調査から始まります

温泉掘削は源泉調査から始まります

「温泉って勝手に噴き出してくるものじゃないんですか?

」とか「温泉って掘るものなんですか?

」といった声が聞こえてきそうですが、最近作られた温泉施設の多くは温泉掘削によって掘り当てられた源泉を使用してつくられたものがほとんどなのです。

東京都心に天然温泉の温泉施設ができたときも、地下1000メートル以上掘って汲み上げているということを聞いたことがあると思います。

そうです、温泉掘削はただ闇雲に掘り進めればいいというわけではありません。

地質調査などによってどの地層に温泉が含まれているかを調べる源泉調査から始まります。

温泉を含む地層が見つかったとしても、温泉開発に適した土地であるか、その深さまで掘って温泉井戸を作ったとして採算が合うのかなども検討しなければなりません。

このような調査や慎重な検討を経て、やっと温泉掘削作業に入ることになります。

地下1000メートル以上まで掘り進めるとなると高度な専門技術も必要とされます。

About the author