ピッタリなフライパンに出会えるまで

ピッタリなフライパンに出会えるまで

フライパンは鉄ものに始まり、焼くだけではありません。
煮るもよし、ボイルするもよし、蒸すもよし、オールラウンドプレーヤーとなって食卓に彩りを与えてくれる、多種多様な活躍をこなす存在。
あの魔法のごとく話題となったテフロン加工されたもの、さらに今ではセラミックやチタニウム(ダイヤモンド)のコーティングを施されたもの、ほら、くっつかない!という通販での謳い文句。
今ではたくさんの媒体で見ない日はないですね。
フライパンを選ぶときにやはり迷うぐらいの品種の豊富さ・・・!その中で自分自身に最適なものを見つけるには、使っていて自分に合う・使い勝手が一番かも知れません。
買う前は迷うしどんな感じになるのかわかりませんよね。
せっかく高いお金を払って購入したので、一生もので使いたいとお思いですよね。
最後はどんなものも廃れます。
それでも少しでも長く、というその気持ちを大事にして頂きたいと思います。
面倒くさがらずに管理すること。
家族だと思って感謝の意をもって大切にしましょう。
洗い方は正しい洗い方が説明書に従って大事に。
「大事に扱ってくれてありがとう」と。
フライパンにとっても次の活躍の糧になることでしょう。

フライパンがフライパンだった時代

フライパンって・・・・何?「キッチンにあるじゃん、肉焼いたりー、カレー作ったり・・・。
」とそれは重々承知。
こんな今では画期的なお役立ちプレーヤーが昔はどんな変貌を遂げて至ったのか、ざっくり知ってみたくなりました。
近代から調べてみると幕末から明治へ、という時代背景に西洋料理の普及。
当時の格式高いホテルの料理で西洋料理を作るにはもちろん一般の家庭の食事ですら出ることは少なかったのですが、昭和31年にはフライパン運動というキッチンカーで洋食文化を広めたのがきっかけで一般の家庭でも洋食の調理が積極的に広まり、庶民的なお店でも楽しめるようになり、現在に至っています。
・・・そこで。
もっと昔に遡りますと、古代ローマの時代には、食器類も存在した同じ頃に平鍋のごとくフライパン(当時はどう認識されていたか、どう呼ばれていたのかは不明ですが)を木の実等を煮る専用でフル活用していたという言われがあります。
現在に見るフライパン各種と遜色のない機能と形がその頃から存在していたのでしょうか。
さらに昔から「何か煮るものが必要だよね」「この形じゃこぼれやすいね」という始まりからあったのかは存じませんが、まさに時代のトンネルをくぐって改造・開発に繋がったのでしょう。
まさしくロマンですね。

フライパン究極の選択!鉄製・加工品・・・どっちがいいの?

今グルメ界でも話題のフライパン。
お店でも鉄製・加工品と料理によっておいしく二刀流。
まずは買ってみて、使ってみることが最適ですね。
鉄製も作り方次第で美味しく出来上がるのです。
焼き物は断然。
鉄なので熱量を速く伝導するので、火加減も考慮すれば外側カリッと中はふわっとします。
それが加工品になりますとコーティングの成分と肉がぺしゃんとなってふっくらしない難点がありますが、鉄ものは確かに油分を多めにしないとくっつくという心配、洗う時のストレス加担も多いですよね。
加工品の方が確かに洗う時のストレスが軽滅して便利。
・・・そこで。
だからと言って「一回ぐらいスポンジの緑の部分でやっちゃお」と魔がさすこともあるでしょう。
一生ものにしたいには、難しいかも知れません。
鉄製も同じく厚さによっては底が曲がったりして火加減も不安定になります。
どちらがいい?という答えはありません。
みなさんご自身でいろいろ試してみましょう。
フライパンを買い換えたい
その中で用途で分けたり、このままお皿のように併用しちゃえばカフェ飯に早変わり!なんてことにも可能!タレントさんがプロデュースしたフライパン、通りがかりの雑貨屋さんで見つけたかわいい絵柄の入ったフライパンも持っていても結構重宝しますよ。
もちろん気分もルンルン。
「たまにはこれでオムレツ作ってみたいな・・・!」ウキウキしちゃいますね。

About the author