好きなとき好きな場所で温泉掘削ができるわけではない

好きなとき好きな場所で温泉掘削ができるわけではない

温泉掘削にはルールがあります。

好きなときに好きな場所で温泉が掘れるわけではありません。

温泉掘削は「温泉法」という法律に基づいて許可を受けなければ行うことができないのです。

温泉法3条には「温泉を湧出させる目的で土地を掘削しようとする者は、環境省令で定めるところにより、都道府県知事に申請してその許可を受けなければならない」と規定されています。

つまり、温泉開発はだれもが行えるわけではなく知事の許可を受けた者だけが行えるということなのです。

許可を受けないで温泉掘削した者は一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処せられます。

温泉には掘削の他に利用の許可というものもあり、この許可も知事に申請しなければ受けられず、温泉の成分が衛生上有害であると判断されると利用許可が受けられません。

このため温泉開発を行うときには、温泉井戸の能力を調査する試験の他、温泉分析や可燃ガス測定調査など専門性の高い調査も必要となるのです。

About the author