不動産関連を主力にしたアセットリード

不動産関連を主力にしたアセットリード

5つの事業をアセットリードは展開していると先ほど説明したが、主力事業は不動産関連事業だ。
アセットリードはもともとは不動産関連事業を手掛けていたから餅は餅屋ということで専門性が高い。
まずは不動産販売事業について。
この事業ではいわゆる普通の不動産事業に加えて、利便性を高めたり、不動産の耐震機能や設備の充実、屋上の緑化などに取り組むことでより高いクオリティの物件を追及している。
次は不動産流動化事業について。
流動化事業では、不動産関連事業を行うことによって生まれた独自のネットワークによって物件が持つ本来の価値を見出し、さらなる価値向上促すという不動産をいい方向に循環させている。
そしてプロパティマネジメント事業では、自社販売物件を中心にマンション経営の業務代行を行っている。
グループ会社であるアセットナビと連携することで、マンション経営において効率的な事業を展開しているのだ。
アセットリードが大きな企業であるという強みがそこにある。
物件の入手から販売、経営までをグループ会社も含めてアセットリード自社で行うから情報の一括化もできていて安全性も高い。

About the author