最近の写真館事情は神奈川県でもわかる

最近の写真館事情は神奈川県でもわかる

神奈川県の中にも写真館はまだまだたくさんあります。
しかし、その営業形態は少しずつ変わりつつあります。
皆さんは写真館というと、どんなイメージがあるでしょうか。
昔のイメージをそのままいえば、カメラ店の裏か2階で、偏屈な親父さんが古い機材を引っ張り出してきて、古臭い柄バックの前で、被写体となる人に向かって、黒い布をかぶったその親父さんがつまらないギャグで無理やり笑わせるといった寒い空気を作る最悪の場所だったと記憶しています。
いまだにそういう撮影をしているところもないとも言えませんが、時代は進み、それではせっかくのいい記念写真が残せないと、かなりシステムは改善されたようです。
カメラが高性能になったこともあり、撮る側もそれほどテクニックを要する必要もなくなったこともあり、被写体の状態をかなり気にかけるようになりました。
衣装でさえ、自前で用意すればそれはそれでいいし、なくてもその写真館にレンタルでいろんな衣装が置いてあったりします。
価格も昔なら偏屈親父の撮影でもそれなりの金額を取られていたものが、かなりリーズナブルになっていて、神奈川県の写真館もかなり使いやすくなっています。

About the author