村上豊彦が猫好きになったきっかけ

村上豊彦が猫好きになったきっかけ

世間ではよく猫好きか、犬好きかという話をしますが、私村上豊彦はもちろん猫好きです。
幼い頃はペットを飼ったことがありませんでしたが、いつか猫を飼いたいと願っていました。
猫好きになったきっかけがあります。
それは、小学生のころ、学校の帰り道に縞模様のねこに出会いました。
それまでは、特に猫好きでも動物好きでもありませんでした。
そのときも、始めは猫がいるなぁと思って見たくらいでした。
そのときです。
その猫がじっと私のほうを見て、鳴きました。
そのときに、衝撃が走りました。
自分のことを見て、微笑みかけるように、そして優しく語りかけるようなその猫を好きになってしまいました。
その猫が誰かの飼い猫だったのか、野良猫だったのかはわかりません。
その後、また会いたいと外に出ると、探してみましたが、見かけることも一度もありませんでした。
まるで一目ぼれのような、初恋のような思い出です。
それが村上豊彦が猫好きになったきっかけです。

猫の魅力を村上豊彦が語る

私村上豊彦が猫好きになったきっかけは、その目と泣き声でした。
これは今でも大好きな猫の魅力の一部です。
まず、目はそのときによって人間のように表情が変わります。
普段はまるまるとした大きな瞳がきれいですが、笑うと人間のように細くなりかわいらしいです。
しかし、瞳の色は人間よりも美しい色をしています。
イエローやヘーゼルの色の猫が多いですが、その猫によってもその色みが異なり、美しいです。
猫の瞳をじっと見ていると吸い込まれそうになります。
そして、泣き声です。
甘えるようなやさしい声には心がときめきます。
相手を威嚇するような声をたまに聞いたときにはどきっとします。
このほかには、スマートでしなやかな動きです。
歩き方や爪をとぐ姿まで、上品に見えます。
村上豊彦って誰だろう
また、くつろいでごろごろ寝転んでいる姿、うーんと伸びをしている姿も愛らしいです。
美しさとかわいらしさのギャップがたまりません。
まだまだ語りつくせないですが、村上豊彦の猫の魅力、今日はここまで。

About the author