猫を初めて飼った村上豊彦の思い出

猫を初めて飼った村上豊彦の思い出

小学生のころに猫の魅力に気付いてから、ずっと猫を飼いたくて仕方が無かった村上豊彦ですが、なんと母が猫アレルギーということから猫を飼うことはできませんでした。
実は母も猫好きで、子供の頃には猫を飼っていたのですが、あるときから猫アレルギーが発症して猫を飼えなくなってしまったのでした。
大学入学とともに、家を出た私は、一人暮らしで猫を飼うことにしました。
念願の猫との生活です。
いろいろと猫の生態や種類などはこれまで本を読んだりして調べていたのですが、現実的にどのくらいの費用がかかるのかなどは知りませんでした。
まず、猫ですがペットショップで高級な猫を購入するとなると何十万もかかります。
私は猫そのものが大好きなので、ブランドなどにはこだわりはありません。
たまたま、友人の家で猫が生まれたということで、引き取らせてもらうことにしました。
そこでもまた新たな出会いがあったのです。
三匹の猫の中で、私をじっと見つめている子猫がいたのです。
迷わずその猫を選びました。
それが今、村上豊彦と一緒に暮らしている猫です。

About the author