人口150万人の京都市粗大ゴミの出し方

人口150万人の京都市粗大ゴミの出し方

観光、寺社、伝統産業に多くの人材が集まり150万人の人口を有している京都市は、粗大ゴミの処理についても様々な取り組みがなされています。
引越しなどでどうしても不要になった大型ゴミを処分する場合の手順を見てみましょう。
まず京都市のごみ受付センターに電話します。
そこで氏名、住所、電話番号、ゴミの種類を伝えると収集日、手数料、収集場所を知らせてもらえます。
収集日は申し込みの一週間程度になり、手数料は品物や大きさによって400円?2400円ぐらいです。
収集場所は地図で確認後、排出場所を指定してもらえます。
つぎに知らせてもらえた手数料額分をコンビニや区役所などで「ゴミ処理手数料券」を購入します。
これに収集日と名前を記入して品物ごとに貼ってください。
品物は収集日の当日の朝出すようにします。
京都市で粗大ゴミを出す
収集は品物によって処理の仕方があるため午前8時から一日がかりで行います。
以上が京都市が行う粗大ゴミを処理する手順ですが、申し込み内容と違っていたり、手数料券が確認できない場合、収集できないことがあります。

About the author