京都きもの友禅で優美で、小町なあなたを発見

京都きもの友禅で優美で、小町なあなたを発見

外交通商なども盛んになってきている昨今、海外が遠いところではなくなりました。
海外に行った事のある人は感じたのではないでしょうか。
私は日本人として知っているべきことを知らないんだと。
もちろん、京都きもの友禅に行けば日本人としての知識を得られるわけではありません。
学校ではありませんから。
しかし、和服の優美で、粋で、豪奢なものを見ると感じるものがあるはずです。
洋服には無い、どこか甘美で広大な世界観を少なからず感じるはずです。
成人式、入学式、卒業式、結婚式などハレの日はもちろん、普通の日に和服を着ている人を見て、あなたは何を感じるでしょう。
レキジョなど和な世界にはまる人が多くなっている理由を知りたくありませんか。
普通の日を送っている中に、少しの変化を求めるなら、この国に根付いている、和な世界の一端に触れるのは、実は基本的なことなのではないでしょうか。
ちょっとでも感じるものがおありなら、週末にでも京都きもの友禅に行ってみませんか。
何か得るものがあるはずです。

About the author