ウィズワン住宅でマンションでは見れない夢を見た日

ウィズワン住宅でマンションでは見れない夢を見た日

マイホームが欲しいなと思った事はありますか?小さな頃から落書きをする時、一つの家と父と母、兄弟や愛犬をクレヨンで描いていましたが家族の絵を描く時に家のモチーフは欠かせませんでした。
成長し、将来のことも考えてマンションでも戸建でも何かしら購入を検討しようと思い、先日住宅展示場でウィズワン住宅を拝見してきました。
マンションでもいいかなと思っていた時期もあったのですが、私は幼い頃から大型犬を飼うのが夢でした。
今すぐじゃなくてもいいから、未来には大型犬と庭をドッグランにして駆け回りたいな、という夢を描いていたんです。
そうなるとマンションでは難しいので、戸建がいいかなと考えました。
数多くのハウスメーカーが存在するため、いざ検討を始めようと住宅展示場に足を運んでも一度に様々な情報が飛んできて非常に疲れましたね。
でも、実際にウィズワン住宅を見に行くと、シンプルながら洗練されたモダンで無駄のないデザインに惹かれ、導かれるまま木製の玄関扉を開けると非常に開かれた空間を感じられる廊下がまっすぐ伸びていて抜け感がある空間に一歩足を踏み入れると自宅とは思えないくらいの素敵なデザインです。

理想の住宅を具現化できるウィズワン住宅

ウィズワン住宅はリビングの上が吹き抜けになっていたり、庭に面した窓を広くとっていたりと空間が広く、明るく見える工夫が細部にされているという感じです。
デザイン自体はシンプルで洗練された印象で無駄な装飾もなく自分好みのインテリアがマッチする素敵な空間作りをされています。
流行のアクセントクロスを施したデザインもありましたが、基本的にはシンプルなホワイトで統一されていて清潔感があり、白は色を反射してくれるカラーなのでより一層広く見せてくれるためホワイトが根強い人気がありそうですね。
デザインはもちろん、実際に購入を検討している段階では、家族が健康に暮らせるような材質についても気になりますし、地震大国に住んでいる以上耐震性がきちんとあるのかも重要なポイントだと考えています。
その点についても、細かい材質の指定や構造を相談しながら自分の家に反映することができるのも魅力的ですよね。
大手のハウスメーカーでは、ある程度パターン化されたものの中からチョイスする事が多く、細やかな材質の指定はしにくい面があります。
自分の家は特別なものです。
大きな買い物になりますし、家族が今後の人生を送る背景を作るものなので妥協がどこまでできるのかはご自身の裁量次第だと思います。
こだわり派なら自分の理想の住宅を具現化できるウィズワン住宅は素敵なチョイスになると思います。

住宅メーカーを決める時のポイントとウィズワン住宅

先日ウィズワン住宅を拝見しましたが、住宅メーカー選びにはポイントがいくつかあると思います。
デザイン性、耐震性、健康的に暮らせるのかなど大きな買い物なので確認したい点がいくつもあるのは当然ですね。
さらに私が住宅展示場で感じたのは、営業さんとの相性もかなり大切だという事です。
ウィズワン住宅は探すのが楽しい
名の知れた大手ハウスメーカーでも、営業さんが感じが悪いと何度も打ち合わせが必要な戸建のお話を進めたいと思えなくなりますし、こちらの気持ちを組まずにしょっちゅう見学ツアーに半強制的に参加させたり、忙しい主人に何度も電話をかけてきたりするメーカーがありました。
当然、こちらは気分を害してそちらの営業さんとは関わりを絶ったのですが、しばらくして別の展示場で同じメーカーさんの営業と話すと非常に感じがよくしつこくもないという印象でかなりイメージが変わってきたのです。
顧客である私たちにどのくらい寄り添えたかは戸建が出来上がっても反映されてくると思います。
ウィズワン住宅など丁寧にヒアリングをしてくれる相性の良い営業さんに出会い、メーカーを選ぶのがオススメです。

About the author