なぜ英会話スクールが今必要なのか

なぜ英会話スクールが今必要なのか

近年、世界の国際化は着実に進み、英語に日常的に触れたり、他国について知ったりする機会が増えてきました。
今ではもう珍しくなくなった海外リゾートを紹介するテレビ番組や外国語で書かれた看板や標識は日本の国際化を表す例の一部と言えます。
このように日本と海外との距離が近づいたことで、ビジネスの場のみならず英語の必要性が確認されています。
海外旅行の際の現地でのトラブル、外国人旅行客に道を聞かれた際に上手く答えられない、など英会話に慣れていないせいでもどかしい思いをされた人も少なくはないでしょう。
そこで今回注目するのが「英会話スクール」です。
英会話スクールでは基本的に国内で英会話の練習が可能なため、時間と費用がかかる海外留学よりも気軽に学習をスタートすることができます。
英会話スクールと一言で言っても人によって異なる学ぶ目的や忙しさに合わせて様々なスクール、またはプランがありますので自分にあったところを探してみてはいかがでしょうか。

英会話スクールと日本の英語教育制度

私たちは日本の教育システムを通じて英語を学んできました。
近年では小学校から英語の授業が始まります。
すでに学生生活から離れた方々の中にも学生時代、辞書を引き多くの英単語を調べた記憶がある方も多いと思います。
多くの人々が程度に差はあれど英語を学んできたのにも関わらず、なぜ英会話スクールが必要となったのでしょう。
それは日本の英語教育システムでは英会話の練習がしにくい、というところに大きな理由があります。
学校では英文法を中心に学び、試験においても読み書きが重視される傾向は依然として続いています。
リスニングの試験も現在はありますが点数配分からみても読み書きの分野よりも軽視されやすくなっており、ましてやスピーキング能力を試す試験は多くはありません。
悲しいことですが、学校の授業で試験に出ない分野を扱う時間は他分野に比べ少なくなってしまいがちです。

つまり学校でしっかり英語という科目を学んでいながらも英会話を練習することができず、話すことができないという人が日本には多いのです。
彼らが学校で学べなかったものを英会話スクールという場で学ぼうとするのは当然な流れでしょう。

About the author