ペルシャ絨毯は芸術品!

ペルシャ絨毯は芸術品!

ペルシャ絨毯と聞くとどのようなイメージがありますか?高級な絨毯と思われる方もいれば、絨毯の柄が独特だなぁと思われる方もいらっしゃるでしょう。
百貨店では高級なj絨毯が販売されていることもありますね。
しかし、そもそもペルシャ絨毯はどのような物なのでしょうか?絨毯はイランで作られています。
3,000年以上の歴史を誇る物で、昔から高級品だったそうです。
シルクでできた絨毯とウールでできた絨毯があります。
ウールですと、冬は暖かく過ごすことができます。
シルクだと夏でも冬でも快適に過ごせるそうです。
ペルシャ絨毯は使えば使うほど味が出る物なので、絨毯と共に成長していく感覚になるそうですよ!床の上の美術品とも言われていて、目を楽しませてくれます。
最近は安価な物も増えてきましたが、機械織の物や中国製の物はペルシャ絨毯という名前はつかないそうです。
手織りで一枚一枚作られる絨毯は、完成するのに何ヶ月もかかります。
しかしその分耐久性は優れていますよ!長く使用するならば手織りの絨毯を購入しましょう。

日本人が好むペルシャ絨毯とは?

少し前まではペルシャ絨毯が日本でも流行しました。
百貨店でよく絨毯の販売会がされていましたが、今は日本の経済が落ち着いてしまった為、絨毯の販売をしている場面に会うことはなかなかなくなりました。
しかし、ペルシャ絨毯を好んでいる日本人は多くいます。
それは何故なのでしょうか?実は日本もイランも家の中では靴を脱いで過ごす文化になっております。
その為、ペルシャ絨毯は日本の生活にすんなりと溶け込むのかもしれません。
またシルクのペルシャ絨毯ですと、肌触りがとても良く、日本人が好むそうです。
色は、奇抜な色よりも落ち着いた色であるベージュやグリーンが売れています。
少し派手に見えてしまう色についても全て天然の染料なので、自然の物が好きな日本人にとっては落ち着くのかもしれませんね。
ペルシャ絨毯を購入する
戦国時代には、豊臣秀吉が絨毯の良さに惚れて羽織にしたこともあります。
羽織にするぐらい素敵な絨毯だったのでしょう。
戦国時代から日本人は絨毯のとりこになっていたのかもしれませんね!

About the author